【アナ雪】ANA雪マイル獲得記

ANA 陸マイルで特典ハワイ航空券を目指すブログです。

【ソラチカ】陸マイラー必須のカード1枚(216,000マイル/年)

f:id:ana_yuki:20170205104656j:plain

過去から現在まで全ての陸マイラーが使用してきた、ANA ToMe CARD PASMO JCB(ソラチカカード)。もしあなたがマイルを貯めると決めたら、兎にも角にも一番最初にやるべき作業は「ソラチカ」を発行することでしょう。

東京メトロになんて乗ることがない、という方もやるべき作業になります。

公式HP:

【ソラチカ】ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)

 

 

目次

ソラチカカードがなぜ必要か

ANA陸マイラー全てのブログに記載がある、ソラチカカードの必要性について説明したいと思います。

 

それは、ソラチカカードを所持していない場合、ポイントサイト他で獲得したポイントが目的地ANAマイルへ到達するまでに大幅に少なくなり、損をしてしまうからです。

 

普段、よく目にする日本最大のポイント「Tポイント(1ポイント=1円)」をANAマイルへ交換するとします。

20,000Tポイントは10,000ANAマイルとなります。

数字上は、50%の交換率となっています。

 

同じようにして1ポイント=1円の価値を持つハピタスというポイントサイトのポイントをANAマイルへ交換するとします(ソラチカカードのメトロポイント経由)。

20,000ハピタスポイントは20,000メトロポイントになります。

20,000メトロポイントは18,000ANAマイルとなります。

数字上で、90%の最高レートで交換ができます。

 

ソラチカカード基本情報

  • 年会費 初年度無料。2年目以降2,000円(税別)
  • 決済時のマイル還元率 基本1%
  • マイル移行手数料 年間5,000円(税別)
  • PASMO機能あり
  • PASMOオートチャージ機能あり
  • 定期券搭載可能
  • ETCカード/ QUIC Pay/ PiTaPa/ プラスEX を追加可能
  • 乗車ポイント 平日5メトロポイント / 休日15メトロポイント
  • 電子マネーポイント 自販機100円=1メトロポイント / 店舗200円=1メトロポイント
  • 海外旅行傷害保険 死亡後遺障害1,000万円 / 傷害・疾病治療 0円

ソラチカカードとメトロポイント

陸マイラーは他ポイントサイトからメトロポイントへの交換を主としますが、通常のメトロ使用においても微々たるメトロポイントは貯まります。

メトロポイントPlus(乗車ポイント)

メトロポイントPlusの登録を行ったPASMOで、改札機より入出場した際の運賃に東京メトロ線が含まれる場合、乗車ごとにポイントが貯まるサービスです。

f:id:ana_yuki:20170205113315g:plain

メトロポイントPlus(電子マネーポイント)

メトロポイントPlusの登録を行ったPASMOで、メトロポイントPlus加盟店にてPASMO電子マネーを利用すると、メトロポイントが貯まります。メトロポイントPlus加盟店にはメトロポイントPlusロゴを掲出いたします。

f:id:ana_yuki:20170205113321g:plain

 

ソラチカカードとANAマイル

日常決済するカードとしては、他に魅力的なカードがあるため、ソラチカカードは発行後、決済使用することは少ないでしょう。

しかしながら、ゴールであるANAマイルへ行く為にソラチカカード、貯められるメトロポイントは中継地点に過ぎないのです。

f:id:ana_yuki:20170205111728g:plain

 

ソラチカカードの弱点

ここまではソラチカカードの利点しか書いていませんが、弱点はあります。

それは、メトロポイントからANAマイルへの交換が20,000ポイント/月までとなっている点です。

このルートで確保できるマイルが18,000のため、当ブログでは年間18,000×12=21,6000マイルと紹介させていただきました。

しかしながら、コスパの点にしてもこれ以上の還元率はないため、全てのブログで取り上げられているのだと思います。

 

ソラチカカード発行時の注意点

ソラチカ発行の際は2点の注意点があります。

1.JCBブランド
日常で使える高還元カードがVISAブランドのため、ここでは重複しないJCBブランドを選択しましょう。

2.ポイント移行マイルコース選択

詳しくは後述しますが、万人にとって損がない選択肢が下記となります。

f:id:ana_yuki:20170205120100p:plain

 

まとめ

結論としては、発行するに限る、というまとめになります。

ポイントサイトなどで多くのクレジットカード案件を処理する前に、第一優先で発行していただきたいと思います。

f:id:ana_yuki:20170207060518j:image